top of page
  • t-zaidan

『源氏物語』の絵画を楽しむ 国文学研究資料館(地域貢献スペース/立川)

多摩信用金庫本店2階ギャラリー(地域貢献スペース)では、国文学研究資料館による企画展「『源氏物語』の絵画を楽しむ」を開催いたします。


同館の所蔵する『源氏物語』について描かれた絵画を手がかりに、そのストーリーを鑑賞することができる展示となります。


ぜひ会場に足をお運びください。


源氏物語団扇画帖第5図若紫

源氏物語団扇画帖第22図玉鬘



国文学研究資料館より

当館が所蔵する資料のうち、『源氏物語』の名場面を描いた美しい絵画を展示します。

日本を代表する古典作品『源氏物語』は、成立から時を隔ててもなお、長く絵巻や絵入りの写本の題材となり、江戸時代以降は挿絵を伴う版本も流布しました。物語が広く知られるようになると、文章を伴わない画帖や屏風絵などのかたちでも親しまれてゆきます。ここに展示する『源氏物語団扇画帖』は『源氏物語』五十四帖の各場面を団扇型に描き、画帖に仕立てたもので、土佐光則(1583−1638)の流れを組む絵師による十七世紀後半の作です。華やかな源氏絵の世界をお楽しみください。




企画概要

『源氏物語』の絵画を楽しむ 

会期|2023年10月23日(月)〜12月1日(金)

利用可能時間|午前8時〜午後9時

入場料|無料

会場|地域貢献スペース(多摩信用金庫本店本部棟2階北側通路のギャラリースペースです)

〒190-8681 東京都立川市緑町3-4 多摩信用金庫本店2階

お問い合わせ|042-526-7788(たましん美術館)



国文学研究資料館は、国内各地の日本文学とその関連資料を大規模に集積し、日本文学をはじめとするさまざまな分野の研究者の利用に供するとともに、それらに基づく先進的な共同研究を推進する日本文学の基盤的な総合研究機関です。創設以来50年にわたって培ってきた日本の古典籍に関する資料研究の蓄積を活かし、国内外の研究機関・研究者と連携し、日本の古典籍を豊かな知的資源として活用する、分野を横断した研究の創出に取り組んでいます。





会場は、たましん本店2階です。たましん内エスカレーターおよびエレベーターでお上がりください。

GREEN SPRINGS 2階と直結しており、同エリアの噴水のある広場に面しています。

コメント


bottom of page