top of page
  • t-zaidan

五美大版画教員展 版の実験場~プリントアートの現在地~

更新日:2023年12月1日





伝統的な木版・銅版画からデザイン領域であるイラストレーションや絵本、デジタルアートなどの先端表現まで———「版画」は幅広くジャンルを横断しながら、その概念を拡張させ続けています。その源泉にあるのが「版の実験場」ともいえる美術大学の版画研究室。そこでは、着実な研究と技術革新による清新な発想をもとに、日々新たな表現が生み出されています。

本展でとりあげる14名は、美術界の第一線で活躍する現代作家であり、東京五美術大学で次世代の表現者を育成する教育者です。その表現形態も、木版画、リトグラフ、銅版画、シルクスクリーン、写真、イラストレーション、立体、インスタレーションなど多岐にわたります。それぞれがそれぞれの“実験場”に立ち、自己の版表現をさぐり求めた帰結といえるでしょう。

多様な表現が氾濫する現代において「版」という行為の持つ無限の可能性を模索し続ける作家たち。本展では会期を3期に分け、個展形式で各作家を紹介し、版表現のもつ創造性をご覧いただきます。未だ可能性にあふれた版画というメディアの“いま”をみつめ“これから”を照らし出す契機となれば幸いです。


【会期/出品作家】

第Ⅰ期:10月7日(土)-29日(日)

生嶋順理(東京造形大学)

いとう瞳(武蔵野美術大学)

遠藤竜太(武蔵野美術大学)

佐竹邦子(多摩美術大学)

清水美三子(女子美術大学)


第Ⅱ期:11月4日(土)-26日(日)  

大橋朋美(日本大学芸術学部)

大矢雅章(多摩美術大学)

笹井祐子(日本大学芸術学部)

常田泰由(東京造形大学)

元田久治(武蔵野美術大学)


第Ⅲ期:12月2日(土)-24日(日) 

阿部大介(女子美術大学)

大島成己(多摩美術大学)

高浜利也(武蔵野美術大学)

古谷博子(多摩美術大学)


【展覧会概要】

会 期  2023年10月7日(土)-12月24日(日)

開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)

休館日  月曜日 ただし10月9日(月)は開館、翌10日(火)を休館とする

     展示替え休館 10月30日(月)-11月3日(金・祝)、11月27日(月)-12月1日(金) 

主 催  公益財団法人たましん地域文化財団

共 催  立川市

協 力  五美大各大学版画研究室

後 援  女子美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学

会 場  たましん美術館(〒190-8681東京都立川市緑町3-4多摩信用金庫1階)

入館料  一般500円 高校生・大学生300円

以下の該当者は無料

     ・中学生以下

     ・障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方(1人まで。障害者手帳アプリ「ミライロID」利用可能)


プレスリリース0905
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.44MB



【関連イベント】


五美大版画教員展_関連イベントチラシ
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.79MB

トーク・シンポジウム 

(1)講演会・トークセッション「社会とつながるプリントアート」※終了しました

登壇者:春原史寛(武蔵野美術大学 造形学部芸術文化学科 教授)

高浜利也(武蔵野美術大学 教授)、常田泰由(東京造形大学 助教)

日 時:10月8日(日)14:00~(約2時間)

会 場:たましん事業支援センター(Winセンター・多摩信用金庫本店3階)

参加費:無料  定 員:50名


(2)シンポジウム「版の実験場 五美大版画研究室の制作と教育」 ※終了しました

阿部大介(女子美)、大島成己(多摩美)、笹井祐子(日芸)、高浜利也(武蔵美)、常田泰由(造形)

※登壇を予定していた生嶋順理(造形)は諸事情のため欠席となり、

 常田泰由(造形)にご登壇いただくこととなりました


会 場:たましん事業支援センター(Winセンター・多摩信用金庫本店3階)

日 時:10月14日(土)14:00~(約2時間)

参加費:無料  定 員:50名


ワークショップ

※詳細はイベントチラシ(PDF)をご覧ください

(1)平版印刷の原理を知ってポストカードなどをつくろう! ※終了しました

講 師:遠藤竜太(武蔵野美術大学 油絵学科 グラフィックアーツ専攻 教授)

日 程:10月22日(日)13:00 ~ 17:00

定 員:12名(中学生以上)

参加費:2,000円(税込み)(受講料・材料費含む)


(2)切る/並べる/綴じる 小さな本をつくろう ※終了しました

講 師:常田泰由(東京造形大学 造形学部美術学科 絵画専攻領域 助教)

日 程:10月29日(日)13:00 ~ 16:00

定 員:10名(小学3年生以上・小学生は保護者同伴)


(3)モノタイプ版画で“こころのいえ”を刷りとろう。 ※終了しました

講 師:高浜利也(武蔵野美術大学 油絵学科 グラフィックアーツ専攻 教授)

日 程:11月19日(日)13:00 ~ 17:00

定 員:10名(中学生以上)


(4)木版画で、色の重なりを体験しよう。 ※終了しました

講 師:古谷博子(多摩美術大学 美術学部絵画学科 版画専攻 教授)

日 程:11月26日(日)13:00 ~ 17:00

定 員:10名(中学生以上)


会 場:立川市女性総合センターアイム「作業室」

〒190-0012 東京都立川市曙町2-36-2 ファーレ立川センタースクエア内5階

すべて参加費2,000円(税込み)(受講料・材料費・保険料含む)

参加費については当日、現金でお支払いください。お釣りのないようご用意ください。

※基本的な用具や材料については、当館で準備いたします。汚れてもいい服装でご参加ください。


申し込み方法:

すべて要予約。

イベントに参加ご希望の方は、たましん美術館受付にて直接お申込み(※~10/6(金)休館中の為不可)いただくか、お電話(042-526-7788)にてご連絡ください。ご希望のイベント種類と番号・お名前・フリガナ・電話番号をお知らせください。


当館ウェブサイト「お問合せフォーム」からもお申込みいただけます。

お名前、E-mailアドレス、電話番号をご入力いただいた上で、[お問い合わせ内容]の欄にご希望のイベント種類と番号をご入力ください。

*複数名で参加ご希望の場合はお手数ですが、参加者全員のお名前、電話番号を[お問い合わせ内容]の欄にご入力の上、送信してください。

    


【お問い合わせ先】

たましん美術館Tel.042-526-7788

公益財団法人たましん地域文化財団

Tel.042-574-1360   tamashinmuseum.org 

※予告なく内容・出品作品等が変更となる場合がございます。


【関連展覧会】

「版画五美大2023スタッフ展」

会期:2023年10月4日(水)-14日(土)

会場:武蔵野美術大学2号館1階gFAL


「版画五美大2023ポートフォリオ版画集とアートブック展」

会期:2023年10月18日(水)-29日(日)※芸術祭27日(金)-29日(日)

会場:武蔵野美術大学2号館1階gFAL、FAL

Comentários


bottom of page