top of page
  • t-zaidan

企画展「邨田丹陵 時代を描いたやまと絵師」

更新日:3 日前

2024年1月13日(土)~3月31日(日)

前期:1月13日(土)~2月18日(日)

後期:2月24日(土)~3月31日(日)


たましん美術館

〒190-8681 東京都立川市緑町3-4 多摩信用金庫本店1階




 

展覧会の概要


邨田丹陵(1872~1940)は、地域ゆかりの知られざる絵師です。

旧田安徳川家に仕えた儒学者村田直景の子として生まれた丹陵は、父より史学や故実の教えを受けて育ち、その父の勧めで武者絵の大家川辺御楯に弟子入りしました。そして10代の頃より内国絵画共進会、東洋絵画共進会、内国勧業博覧会、日本美術協会展覧会などに歴史画を出品し受賞を重ね、明治24年には寺崎廣業や小堀鞆音らと日本青年絵画協会を結成し、同31年に岡倉天心が起ち上げた日本美術院にも特別賛助員として参加しました。

しかし、大正12年の関東大震災に罹災後、東京府下の北多摩郡砂川村(現在の東京都立川市砂川町)に転居し、また展覧会への出品は明治40年の第1回文展を最後に、その後一切行った記録がありません。中央画壇から距離をおき、名声を欲さず、質素な暮らしの中で気の赴くままに筆を揮ったのです。30代半ばにしての早すぎる引退の結果、その名は長く忘れ去られることになり、丹陵の画業や生涯を正面から論じた研究はほぼ皆無です。砂川村に構えた画室で、歴史の教科書等でよく知られる代表作《大政奉還》(明治神宮外苑・聖徳記念絵画館の壁画)を完成させたこともほとんど知られていません。

本展は、絵師邨田丹陵に焦点を当てた初の本格的な展覧会となりますが、地域作家の掘り起こしにとどまらず、明治以降の「日本画」創出の動きの中で、日本古来の史実をテーマにした歴史画が果たした役割についても考察します。


開催概要


(1) 展覧会名|邨田丹陵-時代を描いたやまと絵師

(2) 会場|たましん美術館(東京都立川市緑町3-4)

JR中央線・立川駅より徒歩約6分、多摩都市モノレール・立川北駅より徒歩約4分

(3) 会期|2024年1月13日(土)~3月31日(日)

前期:1月13日(土)~2月18日(日)

後期:2月24日(土)~3月31日(日)

(4) 開館時間|午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)

(5) 休館日|月曜日、展示替え期間

2月12日(月・振替休日)は開館し、翌13日(火)を休館とする。

(6) 入館料|一般500円、高校生・大学生300円

次の該当者は無料 中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方、多摩らいふ倶楽部会員、シニア・スクエア会員

(7) 主催|公益財団法人立川市地域文化振興財団、公益財団法人たましん地域文化財団

(8) 助成|文化庁(令和5年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業)、公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

 

本展の見どころ


■邨田丹陵に焦点を当てた初の本格的展覧会

教科書で誰もが見たことがある《大政奉還》の絵。しかしその絵を描いた画家について知る人は多くありません。本展では壁画《大政奉還》の下図にあたる作品をはじめ、展覧会出品作も交えながら、初期作から晩年作までを含む総点数64点(前期・後期あわせて)で知られざる画家・邨田丹陵の全貌に迫ります。これだけの丹陵作品が一堂に会する機会はまたとないでしょう。

※聖徳記念絵画館の壁画「大政奉還」の展示はありません。

邨田丹陵筆《聖徳記念絵画館壁画下図「大政奉還」》昭和9年、明治神宮蔵、前期展示

■やまと絵の伝統と近代的表現の融合した歴史画

丹陵は師・川辺御楯の後継者として歴史画を終生描き続けました。保守的な日本美術協会の審査に不満を覚え、若手画家たちを率いて日本青年絵画協会を結成したことからも分かるように、丹陵は近代日本画の新しい側面を切り開いていこうという意欲に満ちていました。丹陵の作品からはそうした伝統と革新のせめぎあいが感じられます。

邨田丹陵筆《六歌仙》明治20年代後半~30年代前半、個人蔵、前期展示

邨田丹陵筆《両雄会湖畔図》明治27年、砂川家蔵、後期展示

■目玉となる作品の数々

丹陵が中央画壇から離れて隠棲するきっかけとなった最後の展覧会出品作《大宮人》(福岡県立美術館)や、丹陵を砂川村に呼び寄せた砂川家に伝わる縦3メートルを超える大幅《霊峰富嶽図》(砂川家蔵)など、丹陵の画業を語る上で欠かせない作品を展示します。

邨田丹陵筆《大宮人》明治40年、福岡県立美術館蔵、前期展示
邨田丹陵筆《霊峰富嶽図》昭和11年、砂川家蔵、後期展示

■外国人の方も楽しめる2か国語表記

日本人だけでなく世界各国の方にも楽しんでいただけるように、会場内の解説や展覧会図録にはすべて英訳を併記します。


出品リストはこちらからダウンロードできます。各作品の展示期間をご確認ください。


tanryo_list
.pdf
Download PDF • 623KB

 

展覧会関連イベント


■オープニングトークイベント「邨田丹陵と近代日本画」

※当イベントはお申込み者数が定員に達したため申込受付を終了いたしました


登壇者:ゲスト  塩谷純(東京文化財研究所 上席研究員)

 司会進行 齊藤全人(たましん地域文化財団 学芸員)

日時:1月13日(土)14:00-15:30

会場:たましん事業支援センター(Winセンター)多摩信用金庫本店3階

参加無料/定員40名

美術館受付もしくはお電話(042-526-7788)にてお申し込みください。

お問い合わせフォームからもお申込みいただけます。


■ギャラリートーク


本展担当学芸員(齊藤全人)が展示の見どころを解説します(30分程度)。

事前申込不要。当日美術館受付にお集まりください。参加無料(別途要入館料)


[1] 1月20日(土)14時30分~

[2] 2月11日(日)14時30分~※

[3] 2月25日(日)14時30分~

[4] 3月9日(土)14時30分~※

※[2]、[4]の部は英語対応あり



フォロー&リポストでもらえるキャンペーン


「邨田丹陵ー時代を描いたやまと絵師ー」のポストカード1枚をたましん美術館の公式X(Twitter)をフォロー、下記ポストをリポストしてくださった方にプレゼントいたします。

フォロー&リポスト画面を美術館受付へご提示ください。


■応募方法

① たましん美術館公式X

@tamashin_museumをフォロー

②下記画像のポストをリポスト(RP)

③美術館受付スタッフへ画面を提示


■期間

展覧会会期中 1/13(土)~3/31(日)

※なくなり次第終了いたします。

キャンペーンの終了はXにてお知らせします。


■対象ポスト

こちらの画像のポストが対象となります。




■ポストカード全8種

お好きな1枚をお選びいただけます。








 


■本展覧会図録正誤表




丹陵展図録正誤表
.pdf
Download PDF • 265KB

bottom of page